光量子計 《KDC-S11-PAR01》

光量子計は植物の光合成作用に必要な太陽光スペクトル400~700nmのフォトン量(光子量)を 測定します。
受感部は、シリコンセンサーと光学フィルターの組み合わせにより高い分光感度特性を持っています。

 

《特長》

  • 農業気象観測に最適
  • 高い分光感度特性

 

光量子計は植物の光合成作用に必要な太陽光スペクトル400~700nmのフォトン量(光子量)を 測定します。
受感部は、シリコンセンサーと光学フィルターの組み合わせにより高い分光感度特性を持っています。

 

《特長》

  • 農業気象観測に最適
  • 高い分光感度特性

 

《仕様》

センサー シリコンフォトダイオード
波長範囲 400〜700nm
出力/感度 0〜3000μMol・m-2/0〜10mV
検定 1000W標準光源
ケーブル 10m
推奨記録計 KADEC21-UP
電源供給方法 不要
サイズ Φ85×45(PCM-01)、 Φ34×53(PCM-01L)mm
重量 約0.1kg

 

推奨記録計 KADEC21-UP

 

《KADEC21-UP 仕様》

入力仕様 積算方式 アナログ連続積算平均方式
入力範囲 0~10mV DCまたは0~±10mV DC
積算誤差 ±0.2mV
分解能 0.01mV
測定インターバル 10秒~60分
電池寿命 10秒~60分インターバル:8ヶ月
サイズ 175(W)×125(D)×75(H)mm
重量 約0.8kg(突起部含まず)

 

 

MENU



タマヤ計測システム株式会社