リバースプラムライン装置 《DR-01C》

リバースプラムラインとは、基礎岩盤の変形が無いと考えられる不動岩盤に固定し、上端をフロート装置で引っ張ったもので、ダム堤体の底部と基礎岩盤の相対変位量から、水平変位量を測定するもので、ノーマルプラムラインの直下に設置します。

 

 

 

ダムの変位測定のために設置されるリバースプラムライン装置は、フロート装置・ステンレスワイヤー・固定アンカーで構成されています。
この装置は、ダム堤体直下の基礎地盤をボーリングして不動岩盤までケーシングパイプを埋設し、最下部の固定点よりワイヤーをフロート装置により吊し、重力方向に安定した測定基準線を作ります。 測定点には、手動により現地観測をするコーディネーターや隔測自動検出するためのたわみ検出器を取り付けます。

 

リバースプラムライン装置 《DR-01C》
 

 

 

PDFカタログダウンロード

MENU



タマヤ計測システム株式会社