レーザー積雪深観測装置

積雪深観測装置 KADEC21-SNOW(-C,-N2)

 

 

 

《仕様》

積雪深センサー 検出方式 半導体レーザー、クラス2、ドット径6㎜
測定範囲 0~10m
精度 ±1cm
分解能 1cm
測定時間 3秒
動作温度範囲 −25~+40℃
ヒーター電源 DC12V (ヒーターユニット −10℃以下時作動)
ケーブル 10m
取付方法 Uボルト/ステンレスバンド
測定インターバル 1分~24時間 または有電圧外部トリガによる動作
電池寿命 標準電池:CR123×6本
10分インターバル:1ヶ月、60分インターバル:7ヶ月
(ヒーターユニット用電源12V別途用意 22~38Ah)
サイズ センサー部:100(W)×最大192(D)×263(H)mm
記録部:240(W)×160(D)×91(H)mm
重量 約1.3kg

 

 

《KADEC21シリーズ 共通仕様》

形式 CFカードモデル Eメールモデル
記録容量 97,280データ 不揮発性メモリー
インターフェース USB(miniB)
表示機能 LCD表示
設定キー UP/DOWN/ENTER 3ボタン操作
プレタイマー 外部電源コントロール
CFカード機能 記録メディア コンパクトフラッシュ
(2GBまで)
データ書込み 手動orオート
CFカード用電源 CR123A×3個
Eメール機能 送信インターバル 10min、60min、24h
通信方式 パケット通信方式
データ送信方法 Eメールにデータ添付送信
(最大6アドレスに送信可能)
警報メール 測定インターバル毎に簡易警報メールを送信
警報値は上限・下限をチャンネル毎に設定
警報送信先は最大6アドレス
通信電源 外部バッテリー12V
※6Ahの場合24hに1回の送信で約1年
間送信可能
(送信インターバルにより変動)
使用温度範囲 −25~80℃

 

 

 

 

MENU



タマヤ計測システム株式会社