現在天気計・視程計

現在天気計・視程計 《PWD20/22・PWD10/12》

  • PWDを使った視程・現在天気観測システム
  • 視程距測定は、前方散乱の測定原理により視程を測定する
  • 視程距離は過去1分、10分平均値を出力
  • 現在天気は湿度と前方散乱の光学的データ、温度を合わせた上で判断
  • 天気判断結果はWMO(世界気象機関)コードで示されるタイプで出力
  • 軽量コンパクトなセンサーで、取り付けが容易

<センサ仕様>

視程計測測定範囲PWD10/12 10~2,000m
PWD20/22 10~20,000m
現在天気天気分類 PWD12
センサ種別
降水タイプ4種類(雨、霧雨、みぞれ、雪)
霧、ミスト、靄(煙性、砂性)、降水なし
現在天気天気分類 PWD22降水タイプ7種類(雨、氷雨、霧雨、着氷性霧雨、みぞれ、雪、雹)
霧、ミスト、靄、煙霧(煙、砂)、降水なし
動作環境使用温度範囲−25℃~+60℃
使用電源DC12~24V
消費電力 3W(DC12V)
センサーヒーター電源 AC24VまたはDC24V
pagetop